NACあいどれす。

部品構造


  • 大部品: NAC RD:42 評価値:9
    • 部品: NAC代表
    • 部品: NAC本部 所在地
    • 部品: 税関との対話チャンネル
    • 部品: 輸送網との対話チャンネル
    • 大部品: 活動内容 RD:38 評価値:8
      • 大部品: 農協事業 RD:6 評価値:4
      • -部品: 農家との対話チャンネル
      • -部品: 指導事業
      • -部品: 購買・販売事業
      • -部品: 共済事業
      • -部品: 被災農業者向け経営支援事業
      • -部品: 信用事業
      • 大部品: 食品安全管理 RD:25 評価値:7
      • -大部品: 食品中の放射性物質対策 RD:3 評価値:2
      • --部品: 基準値の設定
      • --部品: 検査結果の公表
      • --部品: 出荷制限等
      • -大部品: 食中毒対策 RD:2 評価値:1
      • --部品: 食品関係営業施設の立入検査
      • --部品: 食品の食中毒菌汚染実態調査
      • -大部品: 輸入食品の安全確保 RD:2 評価値:1
      • --部品: 食品等輸入届出書の審査
      • --部品: 輸入食品の検査
      • -大部品: 食品に残留する農薬などの規制 RD:3 評価値:2
      • --部品: 農薬の残留基準値設定
      • --部品: 農薬の残留実態・摂取量把握
      • --部品: 抗生物質対策菌による食品の汚染防止
      • -大部品: 食品の汚染物質対策 RD:4 評価値:3
      • --部品: メチル水銀への対策
      • --部品: カドミウムへの対策
      • --部品: ダイオキシン類への対策
      • --部品: シアン(青酸)化合物への対策
      • -大部品: 食品添加物の安全確保 RD:3 評価値:2
      • --部品: 食品添加物の規格および使用基準の設定
      • --部品: 既存添加物の安全性確保
      • --部品: 食品添加物の摂取量調査
      • -大部品: 健康食品の安全確保 RD:3 評価値:2
      • --部品: 製造段階における具体的な方策
      • --部品: 健康被害情報の収集と処理体制の強化
      • --部品: 消費者に対する普及啓発
      • -大部品: 遺伝子組換え食品等の安全確保 RD:3 評価値:2
      • --部品: 安全性審査の義務化
      • --部品: 遺伝子組換え食品の輸入食品検査
      • --部品: 安全性に関する調査研究
      • -大部品: 食物アレルギー研究 RD:2 評価値:1
      • --部品: 原因食物
      • --部品: アレルギー物質を含む食品の表示
      • 大部品: 食品流通管理 RD:4 評価値:3
      • -部品: 流通している食品の安全確認
      • -大部品: トレーサビリティ制度 RD:3 評価値:2
      • --部品: 入荷
      • --部品: 出荷
      • --部品: 記録
      • 大部品: 食品の品種改良と開発 RD:3 評価値:2
      • -大部品: Seed bank RD:3 評価値:2
      • --部品: seed bankの所在地
      • --部品: seed bankの建物
      • --部品: 種の保管方法の開発



部品定義


部品: NAC代表

NACの代表者はアンズ・ユーキとする。
人が生きるために欠かせない食を安全にしたい。みんなの幸せな笑顔のために。という思いから設立へ。

部品: NAC本部 所在地

NACの本部は宰相府となっている。場所は宰相府に住む代表アンズ・ユーキの自宅とそこまで離れておらず、近くには畑とお店(silver vine)が見える。

部品: 税関との対話チャンネル

農家の声をきちんとまとめ、税関に報告を行ったりする。また逆に税関からの連絡通達をきちんと農家に伝えるための対話チャンネルを持つ

部品: 輸送網との対話チャンネル

キャリッジ使用、環状線、初恋運送などの輸送網との対話チャンネルを持ち、食料を円滑に輸送したりすることができる。

部品: 農家との対話チャンネル

農家の人との関係を大事にし、連絡チャンネルを確立する。相談窓口などを設け、農家の人の声を大切にし情報を得る。

部品: 指導事業

指導事業として、農家の経営・生産技術などの指導やくらしのアドバイスを農家の人々に行う。相談なども受け付ける。

部品: 購買・販売事業

意欲ある農業者の経営発展を促進する為に、農業用機械・施設の導入を支援する。相談に応じたり説明会などを開いたりする。また、農家に代わって農産物を販売したりする。

部品: 共済事業

農家の人からお金を集めて積み立て、病気、事故、天災(台風や地震など)火事など万が一の時のために備えるための事業。

部品: 被災農業者向け経営支援事業

地震や台風など天災により被災した農業者に対し、農産物の生産に必要な施設や機械等の取得や修繕等を緊急的に支援する。

部品: 信用事業

農家の人のお金を預かったり、農業機具などを購入する際にお金を貸し出したりする事業を実施し、農家の人が円滑に農業を営めるようにする。

部品: 基準値の設定

食品中の放射性物質の暫定規制値をすみやかに設定。
その後、長期的な観点から新たな基準値を設定していく。

部品: 検査結果の公表

行った検査結果をとりまとめて、結果を判りやすくNACのホームページにすべての内容を公表する事とする。

部品: 出荷制限等

出荷制限・摂取制限を行っている食品については、NACのホームページで詳しく判りやすく表記し公表する。

部品: 食品関係営業施設の立入検査

食品関係営業施設の立入検査を行い、扱っている食品が適切に処理されているかなどをチェックし安全確認を行う。


部品: 食品の食中毒菌汚染実態調査

カット野菜や食肉など加工されている食品において、食中毒菌に汚染されていないか等を検査し、安全確認を行う。

部品: 食品等輸入届出書の審査

輸入者から提出される食品等輸入届出書を審査し、食品などの規格基準がきちんと適合しているかを確認する。

部品: 輸入食品の検査

発がん性物質(カビ毒)の付着や病原微生物による汚染など、基準違反の可能性が高い食品に対しては輸入の都度検査を実施する。
対象となる食品を輸入するためには、この検査に合格することが必要。
また、多種多様な輸入食品の実態を把握することを目的として、残留農薬などの検査も実施する。

部品: 農薬の残留基準値設定

食品規格の一つとして、食品に残留する農薬などの残量基準値を設定する。基準値を超えたものの販売を中止する。
農薬等の分析法の開発も行う。

部品: 農薬の残留実態・摂取量把握

農薬等の残留実態がどの程度あるのかの調査を実施し把握する。
また農薬等の実際の摂取量を調査を実施し把握する。

部品: 抗生物質対策菌による食品の汚染防止

食品中にバンコマイシン耐性腸球菌など(抗生物質対策菌)がないかどうかの調査を実施し、これの確認を行う。

部品: メチル水銀への対策

魚介類などに含まれる汚染物質のメチル水銀に対して暫定規制値を設定し規制を行う。またヒトに対する安全性の検証を行う。

部品: カドミウムへの対策

コメに含まれる汚染物質のカドミウムに対して暫定規制値を設定し規制を行う。またヒトに対する安全性の検証を行う。
農地における低減対策の推進も行う。

部品: ダイオキシン類への対策

通常食生活における特定化学物質の摂取量の推定をトータルダイエットスタディ法で行う。
トータルダイエットスタディ法とは、市場で売られている広範囲の食品を対象とし、食品添加物や農薬などを実際にどの程度摂取しているかを把握するために、加工・調理によるこれらの物質の増減も考慮に入れて行う摂取量の推定方法の事。

部品: シアン(青酸)化合物への対策

豆類や生あん(砂糖を加える前のあん)に含まれるシアン化合物の基準値を設定し、規制を行う。ヒトに対する安全性の検証も行う。

部品: 食品添加物の規格および使用基準の設定

品質の安定した食品添加物が流通するよう、純度や成分について遵守すべき項目(成分規格)を設定する。
また、過剰摂取による健康影響が生じないよう、食品添加物ごとに添加できる上限値(使用基準)を設定する。

部品: 既存添加物の安全性確保

既存添加物の安全性を調査・検査を行い確認をする。問題のある添加物などの製造・販売・輸入などを禁止する。

部品: 食品添加物の摂取量調査

実際に市場から仕入れた食品中の添加物の種類と量を検査し、人が毎日一生涯摂取し続けても、健康への悪影響がないと推定される1日当たりの摂取量(許容1日摂取量)の範囲内にあるかどうかを確認する。

部品: 製造段階における具体的な方策

原材料の安全性の確保するために、文献検索を実施、食経験不十分なときは毒性試験を実施する。
製造工程の全行程における製造管理・品質管理による安全性を確保する。

部品: 健康被害情報の収集と処理体制の強化

因果関係が明確でない場合も含め、より積極的に情報を収集する。
医師などを対象に健康食品の現状や過去の健康被害実例などについて情報を提供する。

部品: 消費者に対する普及啓発

製造事業者による適切な摂取目安量や注意喚起を表示する。
それらをアドバイスするスタッフ(アドバイザリースタッフ)の養成課程や活動のあり方について一定の水準を確保する。

部品: 安全性審査の義務化

安全性審査を義務化し、審査を受けていない遺伝子組換え食品等や、これらを原材料に用いた食品などの製造・輸入・販売を禁止する。

部品: 遺伝子組換え食品の輸入食品検査

輸入食品にて、安全性審査を受けていない遺伝子組換え食品等が市場に出回らないよう、輸入時に検査を実施する。

部品: 安全性に関する調査研究

遺伝子組換え食品などの検知法を開発し、新規たんぱく質のアレルギー性評価など安全性に関する研究を実施する。

部品: 原因食物

卵、牛乳、小麦、豆類、そば、果物、魚介類、肉類など多くの食物がアレルギーの原因となりうる。原因食物の種類は年齢によって異なる。

部品: アレルギー物質を含む食品の表示

アレルギー体質を持つ人の健康危害を防止する為に、アレルギー物質を含む食品に表示を義務化する。
卵、牛乳、小麦、蕎麦および落花生は必ず。その他(アワビ・いくら・エビ・オレンジ・カニ・キウイ・牛肉・クルミ・さけ・さば・大豆・鶏肉・豚肉・まつたけ・もも・やまいも・りんご・ゼラチン)も可能な限り表示するよう推奨する。

部品: 流通している食品の安全確認

流通している食品が、安全性審査を受けているか、きちんとトレーサビリティ制度が導入されているかどうか等の確認をする。

部品: 入荷

NACの担当者がその食料をチェック(※1)し下記の内容を記入する。
【品目】
【仕入日】
【仕入元】
【仕入量】
【担当者名】


※1:チェックする内容は以下の通り
生産段階で作成・保存している【品目】【出荷日】【出荷先】【出荷量】に相違がないかどうかの確認。
併せてその食料が確実に安全なのかどうかの確認。人クローン技術関係が使用されていないかどうかの確認。

部品: 出荷

NACの担当者がその食料の出荷終了まできちんと立会チェックを行い下記の内容を記入する。
【品目】
【出荷日】
【出荷先】
【出荷量】
【物流会社】
【安全記載チェック】
【担当者名】

部品: 記録

入荷・出荷の流れにかかわる情報をきちんと整理・記録・保存をしておく。担当者は下記の内容を記入する。
【品目】
【仕入日】
【仕入元】
【仕入量】
【担当者名】


【品目】
【出荷日】
【出荷先】
【出荷量】
【物流会社】
【安全記載チェック】
【担当者名】

【整理・記録・保存担当者名】

部品: seed bankの所在地

宰相府 NAC本部内に設ける。本部内に設けることで研究などもしやすく管理も目の届くところになる為、安全性を高めることができる。

部品: seed bankの建物

宰相府 NAC本部の内部。種を管理する為、室温・湿度等管理が行き届く様に設備が整っている。種の種類管理を行いやすいよう分類別棚等も設置されている。室内はマイナス18度から20度に設定されている。

部品: 種の保管方法の開発

宰相府には色々な植物が生息している。それらの種を保管する事により、何事かあったときに対応出来るようにするという目的で保管方法を開発する。



提出書式


大部品: NAC RD:42 評価値:9
 -部品: NAC代表
 -部品: NAC本部 所在地
 -部品: 税関との対話チャンネル
 -部品: 輸送網との対話チャンネル
 -大部品: 活動内容 RD:38 評価値:8
 --大部品: 農協事業 RD:6 評価値:4
 ---部品: 農家との対話チャンネル
 ---部品: 指導事業
 ---部品: 購買・販売事業
 ---部品: 共済事業
 ---部品: 被災農業者向け経営支援事業
 ---部品: 信用事業
 --大部品: 食品安全管理 RD:25 評価値:7
 ---大部品: 食品中の放射性物質対策 RD:3 評価値:2
 ----部品: 基準値の設定
 ----部品: 検査結果の公表
 ----部品: 出荷制限等
 ---大部品: 食中毒対策 RD:2 評価値:1
 ----部品: 食品関係営業施設の立入検査
 ----部品: 食品の食中毒菌汚染実態調査
 ---大部品: 輸入食品の安全確保 RD:2 評価値:1
 ----部品: 食品等輸入届出書の審査
 ----部品: 輸入食品の検査
 ---大部品: 食品に残留する農薬などの規制 RD:3 評価値:2
 ----部品: 農薬の残留基準値設定
 ----部品: 農薬の残留実態・摂取量把握
 ----部品: 抗生物質対策菌による食品の汚染防止
 ---大部品: 食品の汚染物質対策 RD:4 評価値:3
 ----部品: メチル水銀への対策
 ----部品: カドミウムへの対策
 ----部品: ダイオキシン類への対策
 ----部品: シアン(青酸)化合物への対策
 ---大部品: 食品添加物の安全確保 RD:3 評価値:2
 ----部品: 食品添加物の規格および使用基準の設定
 ----部品: 既存添加物の安全性確保
 ----部品: 食品添加物の摂取量調査
 ---大部品: 健康食品の安全確保 RD:3 評価値:2
 ----部品: 製造段階における具体的な方策
 ----部品: 健康被害情報の収集と処理体制の強化
 ----部品: 消費者に対する普及啓発
 ---大部品: 遺伝子組換え食品等の安全確保 RD:3 評価値:2
 ----部品: 安全性審査の義務化
 ----部品: 遺伝子組換え食品の輸入食品検査
 ----部品: 安全性に関する調査研究
 ---大部品: 食物アレルギー研究 RD:2 評価値:1
 ----部品: 原因食物
 ----部品: アレルギー物質を含む食品の表示
 --大部品: 食品流通管理 RD:4 評価値:3
 ---部品: 流通している食品の安全確認
 ---大部品: トレーサビリティ制度 RD:3 評価値:2
 ----部品: 入荷
 ----部品: 出荷
 ----部品: 記録
 --大部品: 食品の品種改良と開発 RD:3 評価値:2
 ---大部品: Seed bank RD:3 評価値:2
 ----部品: seed bankの所在地
 ----部品: seed bankの建物
 ----部品: 種の保管方法の開発
 
 
 部品: NAC代表
 NACの代表者はアンズ・ユーキとする。
 人が生きるために欠かせない食を安全にしたい。みんなの幸せな笑顔のために。という思いから設立へ。
 
 部品: NAC本部 所在地
 NACの本部は宰相府となっている。場所は宰相府に住む代表アンズ・ユーキの自宅とそこまで離れておらず、近くには畑とお店(silver vine)が見える。
 
 部品: 税関との対話チャンネル
 農家の声をきちんとまとめ、税関に報告を行ったりする。また逆に税関からの連絡通達をきちんと農家に伝えるための対話チャンネルを持つ
 
 部品: 輸送網との対話チャンネル
 キャリッジ使用、環状線、初恋運送などの輸送網との対話チャンネルを持ち、食料を円滑に輸送したりすることができる。
 
 部品: 農家との対話チャンネル
 農家の人との関係を大事にし、連絡チャンネルを確立する。相談窓口などを設け、農家の人の声を大切にし情報を得る。
 
 部品: 指導事業
 指導事業として、農家の経営・生産技術などの指導やくらしのアドバイスを農家の人々に行う。相談なども受け付ける。
 
 部品: 購買・販売事業
 意欲ある農業者の経営発展を促進する為に、農業用機械・施設の導入を支援する。相談に応じたり説明会などを開いたりする。また、農家に代わって農産物を販売したりする。
 
 部品: 共済事業
 農家の人からお金を集めて積み立て、病気、事故、天災(台風や地震など)火事など万が一の時のために備えるための事業。
 
 部品: 被災農業者向け経営支援事業
 地震や台風など天災により被災した農業者に対し、農産物の生産に必要な施設や機械等の取得や修繕等を緊急的に支援する。
 
 部品: 信用事業
 農家の人のお金を預かったり、農業機具などを購入する際にお金を貸し出したりする事業を実施し、農家の人が円滑に農業を営めるようにする。
 
 部品: 基準値の設定
 食品中の放射性物質の暫定規制値をすみやかに設定。
 その後、長期的な観点から新たな基準値を設定していく。
 
 部品: 検査結果の公表
 行った検査結果をとりまとめて、結果を判りやすくNACのホームページにすべての内容を公表する事とする。
 
 部品: 出荷制限等
 出荷制限・摂取制限を行っている食品については、NACのホームページで詳しく判りやすく表記し公表する。
 
 部品: 食品関係営業施設の立入検査
 食品関係営業施設の立入検査を行い、扱っている食品が適切に処理されているかなどをチェックし安全確認を行う。
 
 
 部品: 食品の食中毒菌汚染実態調査
 カット野菜や食肉など加工されている食品において、食中毒菌に汚染されていないか等を検査し、安全確認を行う。
 
 部品: 食品等輸入届出書の審査
 輸入者から提出される食品等輸入届出書を審査し、食品などの規格基準がきちんと適合しているかを確認する。
 
 部品: 輸入食品の検査
 発がん性物質(カビ毒)の付着や病原微生物による汚染など、基準違反の可能性が高い食品に対しては輸入の都度検査を実施する。
 対象となる食品を輸入するためには、この検査に合格することが必要。
 また、多種多様な輸入食品の実態を把握することを目的として、残留農薬などの検査も実施する。
 
 部品: 農薬の残留基準値設定
 食品規格の一つとして、食品に残留する農薬などの残量基準値を設定する。基準値を超えたものの販売を中止する。
 農薬等の分析法の開発も行う。
 
 部品: 農薬の残留実態・摂取量把握
 農薬等の残留実態がどの程度あるのかの調査を実施し把握する。
 また農薬等の実際の摂取量を調査を実施し把握する。
 
 部品: 抗生物質対策菌による食品の汚染防止
 食品中にバンコマイシン耐性腸球菌など(抗生物質対策菌)がないかどうかの調査を実施し、これの確認を行う。
 
 部品: メチル水銀への対策
 魚介類などに含まれる汚染物質のメチル水銀に対して暫定規制値を設定し規制を行う。またヒトに対する安全性の検証を行う。
 
 部品: カドミウムへの対策
 コメに含まれる汚染物質のカドミウムに対して暫定規制値を設定し規制を行う。またヒトに対する安全性の検証を行う。
 農地における低減対策の推進も行う。
 
 部品: ダイオキシン類への対策
 通常食生活における特定化学物質の摂取量の推定をトータルダイエットスタディ法で行う。
 トータルダイエットスタディ法とは、市場で売られている広範囲の食品を対象とし、食品添加物や農薬などを実際にどの程度摂取しているかを把握するために、加工・調理によるこれらの物質の増減も考慮に入れて行う摂取量の推定方法の事。
 
 部品: シアン(青酸)化合物への対策
 豆類や生あん(砂糖を加える前のあん)に含まれるシアン化合物の基準値を設定し、規制を行う。ヒトに対する安全性の検証も行う。
 
 部品: 食品添加物の規格および使用基準の設定
 品質の安定した食品添加物が流通するよう、純度や成分について遵守すべき項目(成分規格)を設定する。
 また、過剰摂取による健康影響が生じないよう、食品添加物ごとに添加できる上限値(使用基準)を設定する。
 
 部品: 既存添加物の安全性確保
 既存添加物の安全性を調査・検査を行い確認をする。問題のある添加物などの製造・販売・輸入などを禁止する。
 
 部品: 食品添加物の摂取量調査
 実際に市場から仕入れた食品中の添加物の種類と量を検査し、人が毎日一生涯摂取し続けても、健康への悪影響がないと推定される1日当たりの摂取量(許容1日摂取量)の範囲内にあるかどうかを確認する。
 
 部品: 製造段階における具体的な方策
 原材料の安全性の確保するために、文献検索を実施、食経験不十分なときは毒性試験を実施する。
 製造工程の全行程における製造管理・品質管理による安全性を確保する。
 
 部品: 健康被害情報の収集と処理体制の強化
 因果関係が明確でない場合も含め、より積極的に情報を収集する。
 医師などを対象に健康食品の現状や過去の健康被害実例などについて情報を提供する。
 
 部品: 消費者に対する普及啓発
 製造事業者による適切な摂取目安量や注意喚起を表示する。
 それらをアドバイスするスタッフ(アドバイザリースタッフ)の養成課程や活動のあり方について一定の水準を確保する。
 
 部品: 安全性審査の義務化
 安全性審査を義務化し、審査を受けていない遺伝子組換え食品等や、これらを原材料に用いた食品などの製造・輸入・販売を禁止する。
 
 部品: 遺伝子組換え食品の輸入食品検査
 輸入食品にて、安全性審査を受けていない遺伝子組換え食品等が市場に出回らないよう、輸入時に検査を実施する。
 
 部品: 安全性に関する調査研究
 遺伝子組換え食品などの検知法を開発し、新規たんぱく質のアレルギー性評価など安全性に関する研究を実施する。
 
 部品: 原因食物
 卵、牛乳、小麦、豆類、そば、果物、魚介類、肉類など多くの食物がアレルギーの原因となりうる。原因食物の種類は年齢によって異なる。
 
 部品: アレルギー物質を含む食品の表示
 アレルギー体質を持つ人の健康危害を防止する為に、アレルギー物質を含む食品に表示を義務化する。
 卵、牛乳、小麦、蕎麦および落花生は必ず。その他(アワビ・いくら・エビ・オレンジ・カニ・キウイ・牛肉・クルミ・さけ・さば・大豆・鶏肉・豚肉・まつたけ・もも・やまいも・りんご・ゼラチン)も可能な限り表示するよう推奨する。
 
 部品: 流通している食品の安全確認
 流通している食品が、安全性審査を受けているか、きちんとトレーサビリティ制度が導入されているかどうか等の確認をする。
 
 部品: 入荷
 NACの担当者がその食料をチェック(※1)し下記の内容を記入する。
 【品目】
 【仕入日】
 【仕入元】
 【仕入量】
 【担当者名】
 
 
 ※1:チェックする内容は以下の通り
 生産段階で作成・保存している【品目】【出荷日】【出荷先】【出荷量】に相違がないかどうかの確認。
 併せてその食料が確実に安全なのかどうかの確認。人クローン技術関係が使用されていないかどうかの確認。
 
 部品: 出荷
 NACの担当者がその食料の出荷終了まできちんと立会チェックを行い下記の内容を記入する。
 【品目】
 【出荷日】
 【出荷先】
 【出荷量】
 【物流会社】
 【安全記載チェック】
 【担当者名】
 
 部品: 記録
 入荷・出荷の流れにかかわる情報をきちんと整理・記録・保存をしておく。担当者は下記の内容を記入する。
 【品目】
 【仕入日】
 【仕入元】
 【仕入量】
 【担当者名】
 
 
 【品目】
 【出荷日】
 【出荷先】
 【出荷量】
 【物流会社】
 【安全記載チェック】
 【担当者名】
 
 【整理・記録・保存担当者名】
 
 部品: seed bankの所在地
 宰相府 NAC本部内に設ける。本部内に設けることで研究などもしやすく管理も目の届くところになる為、安全性を高めることができる。
 
 部品: seed bankの建物
 宰相府 NAC本部の内部。種を管理する為、室温・湿度等管理が行き届く様に設備が整っている。種の種類管理を行いやすいよう分類別棚等も設置されている。室内はマイナス18度から20度に設定されている。
 
 部品: 種の保管方法の開発
 宰相府には色々な植物が生息している。それらの種を保管する事により、何事かあったときに対応出来るようにするという目的で保管方法を開発する。
 
 


インポート用定義データ


[
   {
     "title": "NAC",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "NAC代表",
         "description": "NACの代表者はアンズ・ユーキとする。\n人が生きるために欠かせない食を安全にしたい。みんなの幸せな笑顔のために。という思いから設立へ。",
         "part_type": "part",
         "localID": 1
       },
       {
         "title": "NAC本部 所在地",
         "description": "NACの本部は宰相府となっている。場所は宰相府に住む代表アンズ・ユーキの自宅とそこまで離れておらず、近くには畑とお店(silver vine)が見える。",
         "part_type": "part",
         "localID": 2
       },
       {
         "title": "税関との対話チャンネル",
         "description": "農家の声をきちんとまとめ、税関に報告を行ったりする。また逆に税関からの連絡通達をきちんと農家に伝えるための対話チャンネルを持つ",
         "part_type": "part",
         "localID": 3
       },
       {
         "title": "輸送網との対話チャンネル",
         "description": "キャリッジ使用、環状線、初恋運送などの輸送網との対話チャンネルを持ち、食料を円滑に輸送したりすることができる。",
         "part_type": "part",
         "localID": 4
       },
       {
         "title": "活動内容",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "農協事業",
             "description": "",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "農家との対話チャンネル",
                 "description": "農家の人との関係を大事にし、連絡チャンネルを確立する。相談窓口などを設け、農家の人の声を大切にし情報を得る。",
                 "part_type": "part",
                 "localID": 7
               },
               {
                 "title": "指導事業",
                 "description": "指導事業として、農家の経営・生産技術などの指導やくらしのアドバイスを農家の人々に行う。相談なども受け付ける。",
                 "part_type": "part",
                 "localID": 8,
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "購買・販売事業",
                 "description": "意欲ある農業者の経営発展を促進する為に、農業用機械・施設の導入を支援する。相談に応じたり説明会などを開いたりする。また、農家に代わって農産物を販売したりする。",
                 "part_type": "part",
                 "localID": 9,
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "共済事業",
                 "description": "農家の人からお金を集めて積み立て、病気、事故、天災(台風や地震など)火事など万が一の時のために備えるための事業。",
                 "part_type": "part",
                 "localID": 10,
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "被災農業者向け経営支援事業",
                 "description": "地震や台風など天災により被災した農業者に対し、農産物の生産に必要な施設や機械等の取得や修繕等を緊急的に支援する。",
                 "part_type": "part",
                 "localID": 11,
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "信用事業",
                 "description": "農家の人のお金を預かったり、農業機具などを購入する際にお金を貸し出したりする事業を実施し、農家の人が円滑に農業を営めるようにする。",
                 "part_type": "part",
                 "localID": 12
               }
             ],
             "localID": 6,
             "expanded": false
           },
           {
             "title": "食品安全管理",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "食品中の放射性物質対策",
                 "part_type": "group",
                 "children": [
                   {
                     "title": "基準値の設定",
                     "description": "食品中の放射性物質の暫定規制値をすみやかに設定。\nその後、長期的な観点から新たな基準値を設定していく。",
                     "part_type": "part",
                     "localID": 15
                   },
                   {
                     "title": "検査結果の公表",
                     "description": "行った検査結果をとりまとめて、結果を判りやすくNACのホームページにすべての内容を公表する事とする。",
                     "part_type": "part",
                     "localID": 16
                   },
                   {
                     "title": "出荷制限等",
                     "description": "出荷制限・摂取制限を行っている食品については、NACのホームページで詳しく判りやすく表記し公表する。",
                     "part_type": "part",
                     "localID": 17,
                     "expanded": true
                   }
                 ],
                 "localID": 14,
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "食中毒対策",
                 "part_type": "group",
                 "children": [
                   {
                     "title": "食品関係営業施設の立入検査",
                     "description": "食品関係営業施設の立入検査を行い、扱っている食品が適切に処理されているかなどをチェックし安全確認を行う。\n",
                     "part_type": "part",
                     "localID": 19
                   },
                   {
                     "title": "食品の食中毒菌汚染実態調査",
                     "description": "カット野菜や食肉など加工されている食品において、食中毒菌に汚染されていないか等を検査し、安全確認を行う。",
                     "part_type": "part",
                     "localID": 20
                   }
                 ],
                 "localID": 18,
                 "expanded": false
               },
               {
                 "title": "輸入食品の安全確保",
                 "part_type": "group",
                 "children": [
                   {
                     "title": "食品等輸入届出書の審査",
                     "description": "輸入者から提出される食品等輸入届出書を審査し、食品などの規格基準がきちんと適合しているかを確認する。",
                     "part_type": "part",
                     "localID": 22
                   },
                   {
                     "title": "輸入食品の検査",
                     "description": "発がん性物質(カビ毒)の付着や病原微生物による汚染など、基準違反の可能性が高い食品に対しては輸入の都度検査を実施する。\n対象となる食品を輸入するためには、この検査に合格することが必要。\nまた、多種多様な輸入食品の実態を把握することを目的として、残留農薬などの検査も実施する。",
                     "part_type": "part",
                     "localID": 23
                   }
                 ],
                 "localID": 21,
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "食品に残留する農薬などの規制",
                 "part_type": "group",
                 "children": [
                   {
                     "title": "農薬の残留基準値設定",
                     "description": "食品規格の一つとして、食品に残留する農薬などの残量基準値を設定する。基準値を超えたものの販売を中止する。\n農薬等の分析法の開発も行う。",
                     "part_type": "part",
                     "localID": 25
                   },
                   {
                     "title": "農薬の残留実態・摂取量把握",
                     "description": "農薬等の残留実態がどの程度あるのかの調査を実施し把握する。\nまた農薬等の実際の摂取量を調査を実施し把握する。",
                     "part_type": "part",
                     "localID": 26
                   },
                   {
                     "title": "抗生物質対策菌による食品の汚染防止",
                     "description": "食品中にバンコマイシン耐性腸球菌など(抗生物質対策菌)がないかどうかの調査を実施し、これの確認を行う。",
                     "part_type": "part",
                     "localID": 27
                   }
                 ],
                 "localID": 24,
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "食品の汚染物質対策",
                 "part_type": "group",
                 "children": [
                   {
                     "title": "メチル水銀への対策",
                     "description": "魚介類などに含まれる汚染物質のメチル水銀に対して暫定規制値を設定し規制を行う。またヒトに対する安全性の検証を行う。",
                     "part_type": "part",
                     "localID": 29
                   },
                   {
                     "title": "カドミウムへの対策",
                     "description": "コメに含まれる汚染物質のカドミウムに対して暫定規制値を設定し規制を行う。またヒトに対する安全性の検証を行う。\n農地における低減対策の推進も行う。",
                     "part_type": "part",
                     "localID": 30,
                     "expanded": true
                   },
                   {
                     "title": "ダイオキシン類への対策",
                     "description": "通常食生活における特定化学物質の摂取量の推定をトータルダイエットスタディ法で行う。\nトータルダイエットスタディ法とは、市場で売られている広範囲の食品を対象とし、食品添加物や農薬などを実際にどの程度摂取しているかを把握するために、加工・調理によるこれらの物質の増減も考慮に入れて行う摂取量の推定方法の事。",
                     "part_type": "part",
                     "localID": 31
                   },
                   {
                     "title": "シアン(青酸)化合物への対策",
                     "description": "豆類や生あん(砂糖を加える前のあん)に含まれるシアン化合物の基準値を設定し、規制を行う。ヒトに対する安全性の検証も行う。",
                     "part_type": "part",
                     "localID": 32
                   }
                 ],
                 "localID": 28,
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "食品添加物の安全確保",
                 "part_type": "group",
                 "children": [
                   {
                     "title": "食品添加物の規格および使用基準の設定",
                     "description": "品質の安定した食品添加物が流通するよう、純度や成分について遵守すべき項目(成分規格)を設定する。\nまた、過剰摂取による健康影響が生じないよう、食品添加物ごとに添加できる上限値(使用基準)を設定する。",
                     "part_type": "part",
                     "localID": 34
                   },
                   {
                     "title": "既存添加物の安全性確保",
                     "description": "既存添加物の安全性を調査・検査を行い確認をする。問題のある添加物などの製造・販売・輸入などを禁止する。",
                     "part_type": "part",
                     "localID": 35
                   },
                   {
                     "title": "食品添加物の摂取量調査",
                     "description": "実際に市場から仕入れた食品中の添加物の種類と量を検査し、人が毎日一生涯摂取し続けても、健康への悪影響がないと推定される1日当たりの摂取量(許容1日摂取量)の範囲内にあるかどうかを確認する。",
                     "part_type": "part",
                     "localID": 36
                   }
                 ],
                 "localID": 33,
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "健康食品の安全確保",
                 "part_type": "group",
                 "children": [
                   {
                     "title": "製造段階における具体的な方策",
                     "description": "原材料の安全性の確保するために、文献検索を実施、食経験不十分なときは毒性試験を実施する。\n製造工程の全行程における製造管理・品質管理による安全性を確保する。",
                     "part_type": "part",
                     "localID": 38
                   },
                   {
                     "title": "健康被害情報の収集と処理体制の強化",
                     "description": "因果関係が明確でない場合も含め、より積極的に情報を収集する。\n医師などを対象に健康食品の現状や過去の健康被害実例などについて情報を提供する。",
                     "part_type": "part",
                     "localID": 39
                   },
                   {
                     "title": "消費者に対する普及啓発",
                     "description": "製造事業者による適切な摂取目安量や注意喚起を表示する。\nそれらをアドバイスするスタッフ(アドバイザリースタッフ)の養成課程や活動のあり方について一定の水準を確保する。",
                     "part_type": "part",
                     "localID": 40
                   }
                 ],
                 "localID": 37,
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "遺伝子組換え食品等の安全確保",
                 "part_type": "group",
                 "children": [
                   {
                     "title": "安全性審査の義務化",
                     "description": "安全性審査を義務化し、審査を受けていない遺伝子組換え食品等や、これらを原材料に用いた食品などの製造・輸入・販売を禁止する。",
                     "part_type": "part",
                     "localID": 42
                   },
                   {
                     "title": "遺伝子組換え食品の輸入食品検査",
                     "description": "輸入食品にて、安全性審査を受けていない遺伝子組換え食品等が市場に出回らないよう、輸入時に検査を実施する。",
                     "part_type": "part",
                     "localID": 43
                   },
                   {
                     "title": "安全性に関する調査研究",
                     "description": "遺伝子組換え食品などの検知法を開発し、新規たんぱく質のアレルギー性評価など安全性に関する研究を実施する。",
                     "part_type": "part",
                     "localID": 44
                   }
                 ],
                 "localID": 41,
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "食物アレルギー研究",
                 "description": "",
                 "part_type": "group",
                 "children": [
                   {
                     "title": "原因食物",
                     "description": "卵、牛乳、小麦、豆類、そば、果物、魚介類、肉類など多くの食物がアレルギーの原因となりうる。原因食物の種類は年齢によって異なる。",
                     "part_type": "part",
                     "localID": 46
                   },
                   {
                     "title": "アレルギー物質を含む食品の表示",
                     "description": "アレルギー体質を持つ人の健康危害を防止する為に、アレルギー物質を含む食品に表示を義務化する。\n卵、牛乳、小麦、蕎麦および落花生は必ず。その他(アワビ・いくら・エビ・オレンジ・カニ・キウイ・牛肉・クルミ・さけ・さば・大豆・鶏肉・豚肉・まつたけ・もも・やまいも・りんご・ゼラチン)も可能な限り表示するよう推奨する。",
                     "part_type": "part",
                     "localID": 47
                   }
                 ],
                 "localID": 45,
                 "expanded": true
               }
             ],
             "localID": 13,
             "expanded": false
           },
           {
             "title": "食品流通管理",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "流通している食品の安全確認",
                 "description": "流通している食品が、安全性審査を受けているか、きちんとトレーサビリティ制度が導入されているかどうか等の確認をする。",
                 "part_type": "part",
                 "localID": 49
               },
               {
                 "title": "トレーサビリティ制度",
                 "part_type": "group",
                 "children": [
                   {
                     "title": "入荷",
                     "description": "NACの担当者がその食料をチェック(※1)し下記の内容を記入する。\n【品目】\n【仕入日】\n【仕入元】\n【仕入量】\n【担当者名】\n\n\n※1:チェックする内容は以下の通り\n生産段階で作成・保存している【品目】【出荷日】【出荷先】【出荷量】に相違がないかどうかの確認。\n併せてその食料が確実に安全なのかどうかの確認。人クローン技術関係が使用されていないかどうかの確認。",
                     "part_type": "part",
                     "localID": 51
                   },
                   {
                     "title": "出荷",
                     "description": "NACの担当者がその食料の出荷終了まできちんと立会チェックを行い下記の内容を記入する。\n【品目】\n【出荷日】\n【出荷先】\n【出荷量】\n【物流会社】\n【安全記載チェック】\n【担当者名】",
                     "part_type": "part",
                     "localID": 52
                   },
                   {
                     "title": "記録",
                     "description": "入荷・出荷の流れにかかわる情報をきちんと整理・記録・保存をしておく。担当者は下記の内容を記入する。\n【品目】\n【仕入日】\n【仕入元】\n【仕入量】\n【担当者名】\n\n\n【品目】\n【出荷日】\n【出荷先】\n【出荷量】\n【物流会社】\n【安全記載チェック】\n【担当者名】\n\n【整理・記録・保存担当者名】",
                     "part_type": "part",
                     "localID": 53
                   }
                 ],
                 "localID": 50,
                 "expanded": true
               }
             ],
             "localID": 48,
             "expanded": false
           },
           {
             "title": "食品の品種改良と開発",
             "description": "",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "Seed bank",
                 "description": "",
                 "part_type": "group",
                 "children": [
                   {
                     "title": "seed bankの所在地",
                     "description": "宰相府 NAC本部内に設ける。本部内に設けることで研究などもしやすく管理も目の届くところになる為、安全性を高めることができる。",
                     "part_type": "part",
                     "localID": 56
                   },
                   {
                     "title": "seed bankの建物",
                     "description": "宰相府 NAC本部の内部。種を管理する為、室温・湿度等管理が行き届く様に設備が整っている。種の種類管理を行いやすいよう分類別棚等も設置されている。室内はマイナス18度から20度に設定されている。",
                     "part_type": "part",
                     "localID": 57
                   },
                   {
                     "title": "種の保管方法の開発",
                     "description": "宰相府には色々な植物が生息している。それらの種を保管する事により、何事かあったときに対応出来るようにするという目的で保管方法を開発する。",
                     "part_type": "part",
                     "localID": 58
                   }
                 ],
                 "localID": 55,
                 "expanded": true
               }
             ],
             "localID": 54,
             "expanded": false
           }
         ],
         "localID": 5,
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true,
     "localID": 0
   }
 ]




  • 最終更新:2017-10-03 22:33:32

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード